メニューを開く

トイレの設備が劣化していませんか?

トイレは風水的にも、清潔に保ちたい箇所ですよね。トイレの便器やタンクが壊れてしまうことは滅多にないのですが、トイレのその他の設備は10年から20年程度で劣化してしまいます。以下のような症状が見られた場合には、ぜひリフォームを検討してみてください。

 

・水漏れ

トイレから水漏れがしている場合には、リフォームが早急に必要なサインだと思ってください。水漏れの原因はさまざまですが、原因の多くはゴムパッキンの劣化やナットやボルトの緩みです。これらの症状は、自分では対処できないため業者へ修理を依頼する必要があります。

 

・ウォシュレット便座の故障

ウォシュレット便座は、家電製品と同じで10年程度で劣化してしまいます。リモコンの故障、洗浄ノズルの故障、便座の開閉がうまくいかない、便座の暖房が効かないといった症状が出たら、交換のタイミングとしてふさわしいでしょう。

 

上記のような症状が出ている場合は、リフォームを検討する余地があります。他にも、トイレの設備を変えたい、もっといいトイレにしたいという希望がありましたら、ぜひ弊社へご連絡ください。理想のトイレの実現をお約束します。