メニューを開く

キッチンの設備が劣化していませんか?

キッチンは水回りの中でも特に使用頻度が高い場所です。そのため、当然劣化するのも早くなっています。キッチンの寿命は一般的に15年から20年だと言われています。しかし、頻度によってはより早い段階でリフォームを行う必要が出てきます。以下のような症状が出た場合、キッチンのリフォームを検討してみてください。

 

・蛇口からの水漏れ

蛇口からの水漏れは、キッチンを長く使っていると必ず起きる症状です。水漏れをそのまま放置していると、水道代も高くなりますし、パイプ内部の金属を腐食させてしまい、より深刻な症状となってしまいます。そのため早い段階での修理が求められます。

 

・排水口の臭いやつまり

排水口が臭い場合やつまりが起きている場合にも、何か異常が起きている可能性があります。キッチンから悪臭がしてしまうと、せっかくの料理も美味しくなく感じてしまいます。最初は市販のもので掃除して、それでも改善しないようなら業者へ依頼してみてください。

 

・ガスコンロの汚れ

ガスコンロは油が付着しやすく、劣化が進みやすい箇所です。定期的に掃除をしないと、すぐ劣化してしまいます。ガスコンロ汚れがひどい場合には、火がつきにくい、火の調整がしにくいといった症状が出てきます。

 

これらの症状が見られた場合には、ぜひ弊社へ見積もりの依頼をしてみてください。