メニューを開く

リノベーションとリフォームの違い

リフォームとリノベーションを混同して理解していませんか?リフォームとリノベーションには大きな違いがあります。今回はどんな違いがあるのか、簡単に解説していきます。

 

■リフォームとは?

リフォームは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことです。マイナスの状態をゼロの状態に戻すことが大きな目的であり、外装の塗り替えやキッチン設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォーム工事として一般的です。

 

■リノベーションとは?

リノベーションは、すでにある建物に大規模な工事を行い、性能を向上させることを目的として行われます。リノベーションは、マイナスのものをゼロに戻すのではなく、プラスαで新しい要素を付け加えるものです。例えば、耐久性を向上させるために壁の補修を行なったり、仕切りの壁をなくして2つの部屋を1つの部屋として活用したりする工事を指します。

 

まとめると、リフォームは原状回復工事とも呼ばれ、マイナスの状態をゼロに戻す工事です。一方でリノベーションは、マイナスの状態からプラスαの状態にまで持っていく工事です。リフォームとリノベーションをしっかり区別して理解してくださいね。