メニューを開く

リノベーションのメリット・デメリット

近年、2世帯住宅へのリノベーション工事に対する関心が高まって来ています。今回は、リノベーション工事を行うメリットとデメリットには、どのようなものがあるのか解説していきます。

 

■リノベーションのメリット

リノベーション工事を行うメリットは大きく3点あります。

1点目は自由に設計できる点です。自分のニーズに応じて自由に設計できることから、自分だけのライフスタイルを実現できます。

2点目は物件の選択肢が増える点です。リノベーションを前提として考えれば、多少間取りが気に入らなかったとしても問題ではありません。

3点目はコストの削減ができる点です。リノベーション工事を行うことで、新築の物件を購入するよりもコストを削減できます。

リノベーションには大きく上記の3つのメリットがあります。

 

■リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリットとしては、大きく2点あります。

1点目は耐震性に不安があることです。新築物件に比べてどうしても築年数が多くなってしまうため、耐震性においてはやや不安が出てしまいます。

2点目は住むまでに時間がかかることです。新築や中古物件に住む場合はすぐに住むことができますが、リノベーション工事を行う場合はそうはいきません。

 

リノベーションにおけるメリット、デメリットには上記のようなものがあります。