メニューを開く

お掃除の活躍アイテム~重曹とクエン酸~

 

水回りのお掃除でおすすめしたいのが、
重曹とクエン酸を使った掃除方法です。

うまく活用すると、鏡や水道カラン、シンク、食洗機などがピカピカになりますよ。
さっそく見ていきましょう!

クエン酸と重曹の使い分け


水回りの設備は、使っていると白い汚れや油よごれ、
ニオイなどがついてきてしまいます。

水回りの汚れには主に2つあります。
ギトギトした油汚れと、水アカよごれです。

このふたつの汚れは、重曹とクエン酸を使い分けると
比較的簡単に、ラクにお掃除ができるのでおすすめです。

今回は、このふたつのアイテムについてお話してゆきます。

まず、クエン酸には次のような効果があります。

① 抗菌効果
② 防臭効果
③ カルキ分解効果

水アカというのは、洗剤の残りや水道水の中に含まれるカルキ成分がこびりついたものです。
こういった汚れにはクエン酸を使います。


つぎに、重曹です。
重曹にもたくさんの特性があります。
ここでは主なふたつを。

① 油を分解する効果
② 防臭効果

油汚れやニオイの掃除には、重曹を使います。


重曹を使った掃除方法


重曹は水に溶かして使ったり、粉状のまま研磨剤として使ったりします。
水に溶かす場合は、だいたい100mlの水に小さじ1 程度を入れましょう。

また、水溶液を煮詰めると炭酸塩になります。
炭酸塩はアルカリ度がさらに高くなったもので洗浄力も増します。

汚れの気になるところへスプレーし、
キッチンペーパーなどで拭いていくと、しつこい油などがきれいに取れます。


クエン酸を使った掃除方法


水アカはゴシゴシ削ると、なんとか取れるのですが
とても根気のいる大変な作業です。

そんな時にクエン酸が効果を発揮します。

水アカの正体はカルキ成分で、アルカリ性。
酸性のクエン酸と合わせると
中和されて溶けるというしくみです。


重曹のときと同じように、汚れの気になるところへスプレーで吹きかけて
キッチンペーパーなどで拭くと、力を入れなくてもきれいになりらくちんです。
水溶液は、50mlの水にクエン酸1~2g程度で作れます。

キッチン、トイレ、お風呂、それぞれ専用の洗剤がありますが
重曹とクエン酸は、それよりもはるかにお手頃価格です。

メリットの多い掃除グッズなので、活用してみてください。